米軍撤収地域で影響力拡大=シリア政権後ろ盾のロシア

時事通信 / 2019年10月16日 14時39分

【モスクワ時事】トルコ軍がシリア北部でクルド人勢力に対する越境軍事作戦を続ける中、シリアのアサド政権の後ろ盾であるロシアは、緊張関係にあったクルド人勢力とアサド政権を仲介し、米軍撤収で「力の空白」が生まれたシリア北部にアサド政権軍を展開させるなど、自国の影響力拡大に向けた戦略を着々と進めている。トルコに対してもアサド政権との衝突は「容認しない」とけん制する発言も出始めた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング