正恩氏、米国を名指し批判=「重大決定」か、白頭山登る―北朝鮮メディア

時事通信 / 2019年10月16日 16時14分

【ソウル時事】朝鮮中央通信は16日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が北部・両江道三池淵郡の建設現場を現地指導したと報じた。正恩氏は関係者を激励した上で、「米国をはじめとする敵対勢力が強要してきた苦痛はそのまま怒りへと変わった」と述べ、対北朝鮮制裁を続ける米国を名指しで批判した。正恩氏はさらに、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング