安倍首相の真榊奉納に「深い遺憾」=韓国外務省

時事通信 / 2019年10月17日 16時5分

【ソウル時事】韓国外務省報道官は17日、安倍晋三首相が靖国神社に真榊(まさかき)を奉納したことなどについて、「侵略戦争の歴史を美化している靖国神社に、日本政府と議会の指導者が再び(真榊を)奉納し、参拝を強行した」と批判し、「深い遺憾の意」を表明する論評を発表した。その上で、日本の指導者が歴史への反省を行動で示すことが、「未来志向の韓日関係発展に寄与し、国際社会の信頼を得られるという点を改めて指摘する」と強調した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング