4万人超なお避難指示=仮堤防の工事進む―台風19号

時事通信 / 2019年10月18日 5時37分

台風19号による記録的な大雨では、18日までに長野など3県の約4万5000人に避難指示が続いた。東北や関東甲信などの一部地域では同日から19日にかけて大雨になる見込み。堤防が決壊したり、地盤が緩んだりしている所があり、気象庁は洪水警報・注意報の発表基準を引き下げ、住民に注意を呼び掛ける。総務省消防庁によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング