米首都近郊に少女像設置へ=韓国系団体が起工式

時事通信 / 2019年10月18日 14時39分

【ワシントン時事】米ワシントン近郊のバージニア州アナンデールで17日、旧日本軍の慰安婦を象徴する「少女像」設置に向けた起工式が行われた。月内に設置を完了する予定で、悪化する日韓関係に複雑な影響を及ぼす可能性がある。韓国系米国人の団体でつくる「平和像実行委員会」の朴俊亨事務局長によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング