シリア北部作戦、5日間停止=クルド勢力は撤退受け入れ―トルコが米国と合意

時事通信 / 2019年10月18日 19時7分

【イスタンブール時事】トルコのエルドアン大統領は17日、首都アンカラでペンス米副大統領と会談し、トルコ軍がシリア北部で展開するクルド人勢力に対する越境軍事作戦「平和の泉」を120時間(5日間)停止することで合意した。この間、クルド人勢力の民兵組織、人民防衛部隊(YPG)を対トルコ国境から約30キロ離れた地点まで撤退させ、本格停戦入りを目指す。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング