円借款で初の衛星輸出=ベトナム向け200億円―住商

時事通信 / 2019年10月18日 17時46分

【ハノイ時事】ベトナム政府と住友商事は18日、天気、気候変動の観測・監視や防災などに活用する地球観測衛星の納入契約に署名した。今回、契約を結んだプロジェクトの事業費は200億円程度。日本政府は政府開発援助(ODA)で支援する構えで、円借款を活用した初の衛星の輸出となる。地球温暖化に伴う豪雨といった自然災害の多発は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング