計画運休「理解進んだ」=JR西日本会長

時事通信 / 2019年10月18日 18時15分

JR西日本の真鍋精志会長は18日、松江市内で行った内外情勢調査会の講演で、台風19号接近に伴い鉄道各社が実施した計画運休について、世の中に浸透しつつあるとの認識を示した。きめ細かな運行情報提供の結果、「(利用者の)理解が進んだ」と語った。JR西は2014年、台風接近時の乗客の安全を確保するため、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング