キューバ副議長、慰霊碑献花=「原爆ない世界」決意―広島

時事通信 / 2019年10月20日 17時27分

キューバのモラレス閣僚評議会副議長は20日、広島市中区の平和記念公園を訪れ、原爆死没者慰霊碑に献花した。平和記念資料館も見学し「実際に来てみて、どれだけ悲惨な出来事だったのかがはっきりと分かる」と訴えた。モラレス副議長の広島訪問は初めて。「広島の日本国民の前に、キューバの平和と原爆のない世界への決意を表したい。これはキューバ革命の歴史的リーダーであるフィデル・カストロが戦ってきた目標でもある」とも話した。[時事通信社]

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング