小笠原諸島、暴風高波に警戒=台風21号、24日最接近―気象庁

時事通信 / 2019年10月23日 22時2分

非常に強い台風21号は23日、小笠原諸島近海を北上し、24日明け方から昼前に同諸島へ最接近する見込みだ。気象庁は記録的な暴風が吹き、海は猛烈なしけになるとして、厳重な警戒を呼び掛けた。21号はその後北北東に進み、26日に日本の東海上で温帯低気圧に変わると予想される。ただ関東甲信は西から来る低気圧の影響で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング