日本郵便、地銀窓口業務を一部受託=全国初、南都銀と協力

時事通信 / 2019年11月8日 20時7分

日本郵便は8日、南都銀行(奈良市)から窓口業務の一部を受託すると発表した。また、郵便局内のスペースを貸し出し、南都銀の現金自動預払機(ATM)も設置する。同行は店舗統廃合を進める計画で、顧客の利便性維持のため日本郵便の店舗を活用する。日本郵便が地銀とこうした協力を行うのは全国で初めて。地銀をめぐる経営環境が厳しさを増す中、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング