イスラエル、武装組織幹部を殺害=ガザから報復攻撃

時事通信 / 2019年11月12日 19時26分

【エルサレム時事】イスラエル軍は12日、パレスチナ自治区ガザ市のシュジャイヤ地区で武装組織司令官を標的にした暗殺作戦を実施し、本人とその妻を殺害した。ガザからは報復として、イスラエル領内に向けて多数のロケット弾が発射された。標的となったのは、イランとのつながりが指摘される武装組織「イスラム聖戦」のアブアタ司令官。本人が滞在していた建物で大きな爆発があった。軍は声明で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング