夫の遺体も発見=土砂崩れ現場で―相模原市

時事通信 / 2019年11月12日 23時10分

台風19号で夫婦が行方不明となった相模原市緑区の土砂崩れ現場で12日、遺体が発見され、神奈川県警は夫(67)と確認した。10日には、約2メートル離れた場所で妻(64)の遺体も見つかっていた。同市消防局などによると、夫婦は10月12日夜、緑区牧野にある家屋ごと土砂崩れで流された。夫婦の遺体は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング