新幹線緊急停車で男逮捕=威力業務妨害容疑―広島県警

時事通信 / 2019年11月13日 13時5分

非常用ドアコックのふたを開け、走行中の新幹線を緊急停車させたとして、広島県警福山東署は13日までに、威力業務妨害容疑で住所不定、無職大須賀哲也容疑者(59)を逮捕した。「新幹線を止めようとしたわけではない」と容疑を否認しているという。同署によると、大須賀容疑者は当時酒を飲んでいた。逮捕容疑は12日午後4時40分ごろ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング