政府、「桜を見る会」来年度中止=招待基準の明確化検討―「私物化」追及かわす狙い

時事通信 / 2019年11月13日 20時15分

政府は13日、例年4月に開かれる首相主催の「桜を見る会」を2020年度は中止することを決めた。菅義偉官房長官が午後の記者会見で発表した。21年度以降の再開を目指し、招待基準の明確化や選考手続きの透明化など見直しを進める。野党が「税金の私物化」として徹底追及する構えを見せていることを踏まえ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング