イスラエル攻撃続行、パレスチナで12人死亡=ガザ反撃、ロケット弾220発

時事通信 / 2019年11月13日 17時16分

【エルサレム時事】イスラエル軍は13日、パレスチナ自治区ガザで、イランとのつながりが指摘される武装組織「イスラム聖戦」を標的とした攻撃を継続し、AFP通信によると、過去2日間でガザの死者は12人に達した。一方、ガザからイスラエルに向けて発射されたロケット弾は約220発に上っている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング