逃走被告潜伏先に開錠用具=手錠外しに使用か―大阪

時事通信 / 2019年11月13日 18時55分

大阪府東大阪市内で大阪地検が護送中の車から大植良太郎被告(42)=大麻取締法違反罪などで公判中=が逃走した事件で、大植被告が一時潜伏した大阪市住吉区内の住宅から、ピッキングなどに使う開錠用具19本が押収されていたことが13日、捜査関係者への取材で分かった。地検と府警は、同被告の手錠を外すために使われた可能性もあるとみて、引き続き手錠を捜索している。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング