英国、離脱後は「二流国」=総選挙控え、再考に期待―EU大統領

時事通信 / 2019年11月14日 9時4分

【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)のトゥスク大統領は13日、ベルギー北西部ブルージュで演説し、「英国は(EU)離脱後、主戦場を中国と米国、EUに占領されて部外者となり、二流の国になる」と語った。また「英国は結束した欧州の一員としてしか国際的役割を担えない」とも述べ、英国の覇権復活をもくろむ離脱派の主張を否定。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング