悪質タックル、不起訴へ=日大アメフット前監督ら―東京地検支部

時事通信 / 2019年11月14日 20時44分

日本大アメリカンフットボール部の悪質タックル問題で、東京地検立川支部は14日、傷害容疑で刑事告訴された前監督(64)と元コーチ(30)を近く、不起訴とする方針を固めたもようだ。関係者への取材で分かった。加害選手についても、被害者側と示談が成立したことなどを考慮し、不起訴(起訴猶予)とする見通し。日大の加害選手は2018年5月、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング