ふるさと納税、国が争う姿勢=泉佐野市の除外めぐり―大阪高裁

時事通信 / 2019年11月15日 12時8分

ふるさと納税の新制度から除外したのは違法だとして、大阪府泉佐野市が総務相に取り消しを求めた訴訟の第1回口頭弁論が15日、大阪高裁(佐村浩之裁判長)であった。国側は除外には理由があるとして請求棄却を求め、争う姿勢を示した。千代松大耕市長が法廷で意見陳述し、除外について「地方自治の根幹を揺るがすもので、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング