仏大統領「脳死」発言が波紋=NATO、揺らぐ結束

時事通信 / 2019年11月17日 16時21分

【ブリュッセル時事】「われわれが経験しているのは北大西洋条約機構(NATO)の脳死だ」―。フランスのマクロン大統領の発言が波紋を広げている。トランプ米政権の同盟軽視を踏まえ、軍事面での欧州の自立を訴えた形だが、欧州内からも異論が噴出。創設70年を記念し来月3、4両日に開く首脳会議を前にNATOの結束は足元から揺らいでいる。ドイツのメルケル首相は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング