日米防衛相、北朝鮮ミサイル「重大な脅威」=自衛隊中東派遣も協議

時事通信 / 2019年11月18日 15時48分

【バンコク時事】河野太郎防衛相は18日、訪問先のバンコクで、エスパー米国防長官と約1時間会談した。両氏は北朝鮮の相次ぐ弾道ミサイル発射について「地域の安全保障にとって重大な脅威」との認識で一致。23日に失効期限を迎える日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)に関しては、日韓、日米韓の連携が重要だとして、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング