沈静化は「香港政府の責任」=衝突関連で調査求める―米国務長官

時事通信 / 2019年11月19日 7時43分

【ワシントン時事】ポンペオ米国務長官は18日の記者会見で、反政府デモ隊と警官隊の衝突が続く香港情勢に「重大な懸念」を表明した。その上で「香港政府が沈静化の主要な責任を負っている」と述べ、事態の平和的解決に向けた取り組みを促した。ポンペオ氏は会見で「(警察による)法執行だけで騒動や暴力を解決することはできない」と指摘。衝突で死傷者が出たことを念頭に「デモ関連の事案に対する独立調査」を行うなど、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング