スズキ51万台リコール=制動力低下の恐れ

時事通信 / 2019年11月21日 14時21分

スズキは21日、制動力が低下する恐れがあるなどとして、軽乗用車「パレット」など3車種計51万7316台(2008年1月~13年2月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。国交省によると、ブレーキホースが短いため、ハンドルを切るなどした際にホースに亀裂が入り、ブレーキオイルが漏れ出て利きが悪くなる可能性があるという。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング