消費者物価0.4%上昇=10月、消費増税が押し上げ

時事通信 / 2019年11月22日 9時26分

総務省が22日発表した10月の全国消費者物価指数(2015年=100)は、価格変動の大きい生鮮食品を除く総合指数が102.0となり、前年同月比0.4%上昇した。10月の消費税増税による外食などの値上がりが全体を押し上げた。プラスは34カ月連続。外食を中心とした食料品、鉄道運賃、宿泊料などが伸びた。一方、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング