【ワシントン時事】米紙ワシントン・ポスト(電子版)などによると、米ワシントンの連邦高裁は2日、連邦レベルでは16年ぶりとなる死刑執行について、差し止めを命じた連邦地裁を支持する判断を下した。政府は今月9日から来月にかけて4人の刑を執行する計画だったが、当面は見送られる公算が大きくなった。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング