日米貿易協定、4日に国会承認=参院委可決、デジタル協定も

時事通信 / 2019年12月3日 16時11分

安倍政権が今国会の最重要課題と位置付ける日米貿易協定承認案が3日の参院外交防衛委員会で自民、公明両党と日本維新の会の賛成多数で可決された。4日の参院本会議で可決、承認される。今国会最大の懸案が処理され、焦点は野党が内閣不信任決議案を提出するかどうかに移る。同協定は、安倍晋三首相とトランプ米大統領が9月の会談で合意。日本は環太平洋連携協定(TPP)の自由化水準内で農産物市場を開放し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング