馬毛島移転は「脅威」=日米の情報収集力向上―中国紙

時事通信 / 2019年12月5日 15時41分

【北京時事】5日付の中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報は、米軍空母艦載機の離着陸訓練(FCLP)の移転先候補地である鹿児島県・馬毛島(西之表市)に関連施設が整備されれば、中国にとって「脅威」になると報じた。中国の軍事専門家は、馬毛島が位置する大隅海峡を通過する中国軍艦への日米の情報収集能力向上を警戒している。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング