官民一体で紛争被害者支援=日本の取り組み評価―武力衝突続いたミャンマー

時事通信 / 2019年12月5日 14時29分

ミャンマー政府軍と少数民族武装勢力の武力衝突が60年以上にわたり続いた東部カイン(カレン)州やモン州で、日本の政府や援助団体が官民一体となって難民など紛争被害者の支援に当たっている。復興に向けた日本の地道な取り組みは高く評価され、日本の支援で建てられた住宅の完成記念式典ではミャンマー政府、武装勢力の双方から感謝の言葉が相次いだ。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング