米軍の照明弾? 田んぼに落下=ハンセン基地近く―沖縄

時事通信 / 2019年12月5日 21時39分

5日午後5時35分ごろ、沖縄県金武町伊芸の田んぼに「照明弾らしき物が落ちてきた」と110番があった。県警石川署によると、現場から数百メートルの場所に米軍キャンプ・ハンセンがあり、米軍の照明弾の可能性がある。けが人は確認されていない。同署によると、見つかった物体は長さ10センチ、直径5センチの円筒状。ワイヤの先にパラシュートとみられる物が付いていた。落下現場の50メートル先には民家があるという。防衛省沖縄防衛局は物体を回収し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング