神奈川県文書、大量流出=廃棄委託の社員、ハードディスク転売

時事通信 / 2019年12月6日 12時22分

神奈川県庁で行政文書の管理に使われていたサーバーのハードディスク(HDD)が、インターネットオークションで転売され、個人情報を含む大量のデータが流出していたことが6日、県などへの取材で分かった。データ消去と廃棄を委託された業者の社員が消去前のHDDを不正に持ち出し、オークションサイトに出品していた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング