468万円着服で懲戒免職=機動隊女性主査「借金返済や生活費に」―茨城県警

時事通信 / 2019年12月6日 16時31分

茨城県警は6日、公金など計468万円を着服したとして、警備部機動隊の女性主査(54)を懲戒免職処分にした。主査は「借金の返済や生活費に充てた」と話しているという。監察室によると、主査は生活安全総務課などに勤務していた2013年4月~17年4月、育児休業中の職員6人から保険料として預かった計390万円を着服。笠間署会計課に所属していた18年11月~19年3月にも、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング