北朝鮮大使、非核化「交渉テーブルにない」=期限迫り、米をけん制

時事通信 / 2019年12月8日 6時43分

【ニューヨーク時事】北朝鮮の金星国連大使は7日、声明を発表し、「米国と今、長い協議を行う必要はない。非核化は既に交渉のテーブルから下ろされた」と主張した。北朝鮮が米国との非核化交渉の期限とする年末が近づく中、交渉の打ち切りをちらつかせ、米国に速やかな対応を迫る狙いがあるとみられる。北朝鮮のリ・テソン外務次官(米国担当)は3日の談話で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング