持続社会「電池が中心的役割」=環境問題解決へ―吉野さんが記念講演・ノーベル賞

時事通信 / 2019年12月8日 23時34分

【ストックホルム時事】今年のノーベル化学賞を受賞する吉野彰・旭化成名誉フェロー(71)が8日昼(日本時間同日夜)、ストックホルム大で記念講演した。授賞理由となったリチウムイオン電池の開発について語り、持続可能な社会を実現する上で「電池は中心的な役割を果たす」と強調した。吉野さんは共に受賞するジョン・グッドイナフ(97)、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング