皇后さま、「強い責任感」で務め=「過剰な期待逆効果」とも―医師団

時事通信 / 2019年12月9日 0時21分

皇后さまは5月の代替わり以降、天皇陛下の即位関連儀式をはじめ、7回あった公的地方訪問に全て同行するなど、「特に強い責任感」(医師団)を持って務めを果たしてきた。一方で、適応障害の治療は続いており、医師団は「過剰な期待はかえって逆効果となり得る」と指摘している。皇后さまは皇太子妃時代の2003年12月に療養入りし、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング