見直し作業、来夏まで=「桜を見る会」めぐり菅官房長官

時事通信 / 2019年12月9日 11時54分

菅義偉官房長官は9日の記者会見で、首相主催の「桜を見る会」の見直し作業について「来年夏の概算要求が一つのめどになる。落ち着いた環境でじっくり検討する必要がある」と述べ、2021年度予算案の概算要求が予定される来年夏までかけて行う方針を示した。菅長官は招待の基準やプロセス、予算、参加人数に加え、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング