脱過激化教育「全員修了」=ウイグル族弾圧批判に反論―中国・新疆当局

時事通信 / 2019年12月9日 16時22分

【北京時事】中国・新疆ウイグル自治区のショハラト・ザキル主席は9日、北京で記者会見し、テロ対策名目でウイグル族らを収容している「職業技能教育訓練センター」について、「(脱過激化教育に)参加していた受講生は全員修了し、政府支援の下、安定した職業に就いた」と述べた。「今後は希望者に開放的な教育訓練を行う」とも強調。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング