新屋演習場への配備見直し浮上=陸上イージス、秋田反発受け―政府

時事通信 / 2019年12月10日 23時37分

秋田、山口両県への配備を計画する陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」をめぐり、政府内で陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)への配備を見直す案が浮上していることが、分かった。複数の政府・与党関係者が10日、明らかにした。防衛省は、地元への説明資料に不備があったため、新屋を含む20カ所の配備候補地について再調査を実施しており、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング