日大と内田前アメフット部監督が和解=解雇撤回し自主退職―東京地裁

時事通信 / 2019年12月12日 10時59分

アメリカンフットボール部の悪質タックル問題で日本大から懲戒解雇処分を受けた内田正人前監督(64)が、処分の無効や未払い給与の支払いなどを求めた訴訟で、日大は12日までに、東京地裁で和解が成立したと発表した。日大によると、和解は懲戒解雇を撤回した上で、内田氏が自主的に退職するという内容。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング