ボリビア前大統領、アルゼンチンに再亡命=「貧しい人のため戦う」と表明

時事通信 / 2019年12月13日 10時32分

【サンパウロ時事】アルゼンチン外務省は12日、ボリビアの左派モラレス前大統領がアルゼンチンに亡命したと発表した。モラレス氏は政情不安が高まる中、11月10日に14年近く務めた大統領を辞任してメキシコに亡命していた。ボリビアにより近いアルゼンチンに再亡命することで、母国での政治的影響力を維持する狙いがあるとみられる。アルゼンチンで今月10日に就任したばかりの中道左派のフェルナンデス大統領は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング