「安らかに眠ってもらえる」=阪神大震災、4人の銘板追加―神戸

時事通信 / 2019年12月14日 18時38分

1995年1月の阪神大震災から25年を迎えるのを前に、犠牲者らの名前が刻まれた「慰霊と復興のモニュメント」(神戸市中央区)に14日、新たに4人の銘板が追加された。訪れた遺族らは自らの手で銘板を張り付け、故人の冥福を祈った。2000年1月の設置以降、掲示された銘板はこれで5016人分になった。奈良県橿原市の今村憲司さん(76)は妻の佐智子さん(72)と共に、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング