中国から“侵入”した殺人アリの恐怖 刺されるとどうなる?米では毎年約100人死亡

夕刊フジ / 2017年6月19日 17時12分

強い毒を持つ南米原産のアリ「ヒアリ」が5月下旬、兵庫県尼崎市のコンテナ置き場で見つかった。国内で確認されたのは初めて。中国から輸送された貨物コンテナに紛れ込んでいたとみられる。ヒアリは世界的に生息域を拡大し、定着すれば根絶は難しく、米国では刺され、毎年約100人が死亡しているという。一体、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング