都議選で過去最多、注目集める“オンナの戦い” 都民ファースト17人、自民6人で倍増目指す

夕刊フジ / 2017年6月19日 17時12分

東京都議選(23日告示、7月2日投開票)では“オンナの戦い”にも注目が集まる。16日時点で、立候補を表明した主要政党の女性候補は55人で、過去最多だった前回の53人を上回っている。小池百合子都知事率いる地域政党「都民ファーストの会」(小池新党)からは17人もの女性候補が出馬し、宿敵・自民党との死闘に挑む。地方選挙は生活に密着した課題が争点となりやすく、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング