写真

<description role="descRole:caption"> 9月19日、中国外務省の耿爽報道官は19日の定例会見で、サウジアラビアの石油施設への攻撃について「客観的な」調査を望むと述べた。写真は黒鉛を上げるアラムコの石油施設。サウジのアブカイクで14日撮影(2019年 ロイター/Stringer) </description>

[北京19日ロイター]-中国外務省の耿爽報道官は19日の定例会見で、サウジアラビアの石油施設への攻撃について「客観的な」調査を望むと述べた。 サウジは14日の攻撃について、イランの関与は「疑いない」と主張。一方、イランは関与を否定している。 サウジ、イラン両国と密接な関係を持つ中国は攻撃を非難しつつ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング