アングル:イラン合意存続目指す英仏独、「次の一手」が限界か

ロイター / 2019年6月20日 8時2分

[パリ/ブリュッセル/ワシントン18日ロイター]-英国、フランス、ドイツの3カ国(E3)は、2015年に締結したイラン核合意存続に向けて新たな手を打つ方針だ。ただイランにこうした外交的な働き掛けをする局面は、もはや終わりに近づいているかもしれない。 E3は核合意の枠組みについて、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング