台湾、「敵対勢力」の干渉防止法施行=「正真正銘の悪法」と中国猛反発

時事通信 / 2020年1月15日 17時26分

【台北時事】台湾政府は15日、「中台統一」の悲願実現に向けて台湾社会への浸透を図る中国を念頭に、海外の「敵対勢力」による政治的干渉の防止を目的とする「反浸透法」を施行した。これに対し中国側は「正真正銘の悪法」と猛反発している。同法は、台湾の個人や団体が敵対勢力の指示や委託、資金援助を受け、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング