チョ前法相、職権乱用でも在宅起訴=文氏側近の監察中止―韓国検察

時事通信 / 2020年1月17日 19時9分

【ソウル時事】韓国検察当局は17日、文在寅大統領に近いとされる前釜山副市長への監察が意図的に中止された疑惑をめぐり、チョ・グク前法相を職権乱用罪で在宅起訴した。チョ氏は既に娘らの不正入学疑惑で収賄などの罪で在宅起訴されている。検察によると、チョ氏は高官の不正を監察する立場の大統領府民情首席秘書官を務めていた2017年に、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング