「のんびり休む時期狙った」=年末の逃亡、スペイン紙に自賛―ゴーン被告

時事通信 / 2020年1月18日 6時15分

【パリ時事】スペイン紙パイス(電子版)は17日、日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告とのインタビューを報じ、レバノン逃亡に年末を選んだ理由について被告は「人々がのんびりと休暇やスキーに行く時期だからだ。いいタイミングだった」と自賛した。インタビューには妻のキャロル容疑者も同席した。被告は「逮捕された時は驚いたが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング