政府主催追悼式、来年まで=東日本大震災10年で「節目」―菅官房長官

時事通信 / 2020年1月21日 11時32分

菅義偉官房長官は21日の記者会見で、毎年3月11日に東京都内で開催してきた政府主催の東日本大震災追悼式について、発災から10年となる2021年を最後に打ち切る方針を明らかにした。菅氏は理由として「10年というのは、ある意味で一つの節目だ」と指摘。22年以降に関しては「その時の状況を勘案しながら決めていくのが自然ではないか」と説明した。[時事通信社]

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング