期限過ぎても廃棄せず=桜を見る会資料―菅官房長官

時事通信 / 2020年1月21日 18時45分

菅義偉官房長官は21日の記者会見で、2011~13年の桜を見る会に関する保存期間を過ぎた資料が見つかり、廃棄の手続きが行われていなかったことを明らかにした。菅氏は「公文書管理法に反する取り扱いではないと聞いている」と語った。菅氏によると、資料は会場設営の契約書などに関するもので、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング